中国書跡・中国絵画のコレクションを展観する三重県四日市の美術館です

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

澄懐堂美術館HOMEHOME澄懐堂美術館概要澄懐堂美術館概要展覧会展覧会イベント情報イベント情報澄懐堂美術館コレクション澄懐堂美術館コレクション展示会解説書友の会友の会利用案内利用案内澄懐堂美術館アクセス・地図澄懐堂美術館アクセス・地図


コレクション





査昇「行書林逋北山写望詩」

「査昇」行書林逋北山写望詩「査昇」行書林逋北山写望詩
∴画像をクリックすると拡大表示

作品名:行書林逋北山写望詩(ぎょうしょりんぽほくざんのながめをうつすし
作 者:査昇さしょう)【1650-1707】
形 状:軸
形 質花絖本
法 量:162.5×47.8cm
*2013年春季展出陳作品


■解説
査昇は詩詞をよくし、書は董其昌を学んで、真髄を得たと評された。聖祖康煕帝に称賛され、人々は争ってその書を求めたという。本作は、宋の林逋(967-1028)の五言律詩一首を花紋のある絖本に行書三行で書き、聖老年道兄に与えたものである。筆路明快にして点画の隅隅にまで心配りのゆきとどいた作品である

≪中国書蹟≫

≪中国絵画≫

≪文房具・その他≫